横浜DeNA対巨人戦で何の前触れもなくいきなり試合が中断し、何の説明もないまま試合が再開される

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
横浜DeNA対巨人の試合は11-3という一方的な点差で8回の裏を迎えていました。2アウトランナーなしでバッターが後藤という場面で、いきなりベンチから原監督が出てきて審判と何かを話している模様でした。その後、審判どうしが協議をし、間もなく試合は再開されそうでしたが、ここで中畑監督がベンチから飛び出し、審判に説明を求めます。しかし、結局審判からは何の説明もないまま試合は再開され、観客からはヤジが飛んでいました。一体、何のための中断だったのか?未だに謎ですw


関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。