せっかくビデオ判定したのに、明らかなホームランをファールにされるwww

  • カテゴリ:誤審
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
横浜DeNA対千葉ロッテの交流戦で、ピッチャー成瀬からラミレスが放った打球はレフトポール際に吸い込まれていきます。しかし、かなりポールギリギリのところに飛んだため、どちらとも言い難い打球でしたが、判定はファールとなります。その後、リプレイでスロー映像が流れるとボールはポールの内側を巻いているように確認できます。ラミレスと中畑監督が抗議をすると、審判団はビデオ判定を行うと言いましたが、このビデオ判定があまりにも長いため、球場内からはブーイングも起こりつつありました。そして、5分以上かかってようやく説明がされらと思いきや、「判定通りファール!」と宣告され、当然納得のいかない中畑監督は再抗議を試みますが...。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。