大量リードで盗塁→連続で報復死球→乱闘へ

  • カテゴリ:乱闘
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
石井琢朗のヒットで代走に出た石川が11-0と大量リードの中、盗塁を成功させ、その直後の投球でピッチャーのヤクルト遠藤が故意と思われるデッドボールを内川に当てます。さらに次の村田に対しては変化球でしたが、頭に当ててこれがきっかけになり乱闘状態へと突入します。結局、遠藤投手は危険球退場となり、古田選手兼任監督も抗議中に暴言を吐いたということで退場となります。「点差が開いているから盗塁してはいけない!」というルールは私には理解できません。


関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。