一打同点のピンチで、オリックス後藤の超スーパーファインプレーでチームが勝利!

オリックス対北海道日本ハムの対戦は9回を迎えて3-2と、僅差でオリックスがリードしていました。最終回の日ハムの攻撃は2アウト2塁という一打同点のチャンスで、バッターは陽岱鋼でした。陽の放った打球は詰まった当たりでセカンドとライトの間に落ちそうな打球でしたが、これをセカンド後藤が一直線で追っていきナイスキャッチ!しかも、捕球後の回転がまるで体操選手のような芸術的な回転で見事でしたwこのファインプレーでなんとかオリックスは勝利しました。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。