東京ヤクルトのバレンティンが久し振りの一発!レフトスタンド上段まで運ぶ59号ホームラン!

東京ヤクルトのバレンティンはここ10試合くらいずっとホームランが出ていませんでした。しかし、横浜DeNA戦で先発のコーコランからレフトスタンド上段に突き刺さる59号ホームランを放ちます!この日は打点王を争っている横浜DeNAのブランコもホームランを放ち、打点王争いとともにバレンティンの三冠王も非常に最後まで面白くなってきました。果たして、バレンティンは三冠王獲得なるのでしょうか!?

スポンサーサイト

野村克也「ストレートのストライクならチャンスある」→

1994年の日本シリーズは巨人と西武の対戦でした。西武球場で行われた西武対巨人の試合では1-1の同点で迎えた6回の表、巨人は2アウト満塁という絶好の勝ち越しのチャンスでバッターは緒方耕一を迎えます。緒方はバットを非常に短く持って、西武の中継ぎ杉山賢人に対応していきます。そして、解説をしていた野村克也氏の呟いた何気ない一言の後にドラマが!?

埼玉西武のサファテが日本史上、いや世界史上最速の172kmを記録する!

埼玉西武のサファテは150km前後のストレートを連発していましたが、そこで突如172kmというとんでもない記録が飛び出し、騒然とします!その次には148kmというストレートを投げ、ある意味凄い緩急の付け方をしていましたwwwおそらく故障だと思うのですが、故障したという証拠もないでしょうしねー。スピードガンの故障でこういう記録が出て、それが故障かどうか?分からない場合って、記録はどうなるんでしょうか?これは誰もが故障だと思って当然記録には残らないとは思いますけど。仮に165kmくらいだったら、日本記録になるのか?故障扱いになるのか?

ペーニャの死球をめぐって抗議をする秋山監督の風貌がヤバすぎるwww

東北楽天の青山浩二から福岡ソフトバンクのペーニャの顔に近い肩にデットボールを当ててしまいます。ペーニャはやや怒りながらも1塁へ歩いていきます。しかし、危険球じゃないか?と抗議しようとしたのか、ベンチからは秋山幸二監督が飛び出してきますけど、ポケットに手を入れて、おまけにサングラスをしているせいか、物凄く恐く見えますねw

オリックスの馬原孝浩が復活の登板!三者凡退に抑える!

オリックスに移籍した馬原孝浩が復活の登板を素晴らしい登板で締めました。北海道日本ハムの西川遥輝から三振を奪うなど、かつての輝きを取り戻しつつあるような登板だった気がします。今年はシーズン前の怪我でずっと投げていなくて、今シーズンは1試合も登板できないのではないか?と心配されましたが、ここにきて見事に復活登板を果たしました!よく考えてみれば、彼はまだ31歳なのでまだまだやれるでしょう!

今シーズン限りで引退する福岡ソフトバンクの斉藤和巳の引退セレモニーのノーカット映像!

今シーズン限りで現役を引退した福岡ソフトバンクの斉藤和巳投手の引退セレモニーの動画です。この日のためにかつてバッテリーを組んでいた城島健司氏も駆け付けてくれました!城島氏は非常に髪の毛が伸びていましたねwかつて20勝をマークし、沢村賞も獲得したことのある斉藤ですが、ここ数年は怪我でリハビリなどをしており、2軍での調整がずっと続いていたり、育成選手となったりもしていました。結局、1軍復帰は叶わないままこの日を迎えてしまいましたが、斉藤和巳は本当のこのユニフォーム姿が似合いますね!


横浜DeNAの中畑監督の頭にセミが止まるwww

横浜DeNAの後藤武敏が打席の途中で足を負傷し、ベンチへ下がっていきます。中畑監督もベンチを飛び出して様子を見に行き、そこから帰ってきたところで中畑監督の帽子のちょうど後頭部の辺りにセミが一匹止まっているじゃありませんか!?これは気付く人はあまりいないような気もしますけど、動画の投稿者の方はよく気付いたなーと、感心せずにはいられませんw

レッドソックスの上原浩治が1イニング完璧に抑えるピッチング!

この日のレッドソックスは打線が打ちまくって12-3と大量リードした展開で、抑えの上原浩治を登板させます。上原は先頭バッターにいきなり0-3となりますが、そこから3球で三振にとるなど、圧巻のピッチングを見せます。中には味方野手のファインプレーなどもあり、結局この日も三者凡退に抑え、レッドソックスを勝利に導きました。さすが上原というピッチングでした!

阪神の加藤康介を乗せたリリーフカーが試合中に車庫入れをするハプニングwww

阪神はリリーフの松田遼馬が打たれたため、マウンドにピッチングコーチと内野陣が集まり、ピッチャーの交代か?と思われました。でも、松田はそのまま続投します。しかし、球場内がざわついてきたと思ったら、なんとライトフェンスのところから加藤康介を乗せたリリーフカーが顔を出しており、事態に気付いたリリーフカーは急いでバックでフェンスの向こう側へと消えていきましたwww

優勝ビールかけの最中に暴露!東北楽天の川井貴志は実はニコニコ動画のプレミアム会員だった!?

東北楽天の川井貴志投手はビールかけの最中に自らがニコニコ動画のプレミアム会員であることを暴露しますwしかし、川井投手はかなりはしゃいでいますけど、このビールかけの翌日に先発予定ということで、酔いが醒めないまま登板することになりかねませんでしたけど、大丈夫だったのでしょうか?wまあ、楽天にとってはチーム初のビールかけですから、選手みんながはすぎたい気持ちになるのは分かります。


田中将大がビールかけの最中にニコニコ動画に向かって「変なコメント書いてんじゃねーぞ!」

最後は田中将大投手がピンチを作りながらも埼玉西武の浅村栄斗を空振り三振に討ち取り、見事球団創設以来初リーグ優勝を成し遂げました!胴上げ投手となった田中はビールかけの最中にニコニコ動画の画面上に流れたコメントに向かって結構自らコメントをしてくれましたw田中投手は見られないでしょうけど、毎回楽天のホームゲーム時には非常に多くの応援コメントが寄せられています!

メッツの松坂大輔が無失点ピッチングで3勝目を挙げる!

レッズ戦に先発したメッツの松坂大輔はこの日はコントロールが良くて、レッズ打線も松坂のボールを打ちあぐねている様子でした。結局、7回2/3を投げて無失点に抑え、リリーフ陣も1点を守り抜いて見事3勝目を挙げました!メッツに移籍してからはプチ復活の兆しが見えており、最近は逆にヤンキースの黒田博樹が調子がよくないので、松坂にはその分も頑張ってほしいですね!

サイン違いのボールをキャッチャーが捕り損なった後の球審の反応がオカマっぽいwww

ピッチャーが巨人の高木京介、バッターは阪神の鳥谷敬という場面で高木はストレートを投げますが、これをキャッチャーの阿部慎之助が捕れずに後逸してしまいます。そのときの球審の反応がなんとも乙女チックというか、可愛い反応を見せますwww解説の吉村禎章氏によると、これはどうやらサイン違いのようで、それで阿部もボールを取れなかったようです。

小フライとなったバントの打球を追いかけるときの千葉ロッテ里崎智也の動きwww

北海道日本ハムはノーアウト1、2塁から杉谷拳士が送りバントを試みますが、これが小フライになってしまい、キャッチャーの里崎智也はその打球をダイレクトでキャッチしに行こうとしますが、これが届きません。しかもバウンドした打球が顔にあたって、それも捕れなかったために、その間に杉谷は1塁は駆け抜けてなんと記録はヒットになります!解説の方は「ノースリーからボール球をバントした杉谷も信じられないけど、里崎の動きも信じられない」と言っていましたw

横浜DeNAの加賀美希昇が無人の3塁へ送球してしまう!?

阪神対横浜DeNAの試合は1-1の同点で迎えた5階の裏、阪神はノーアウト2塁というチャンスで俊介が送りバントを試みます。このバントをピッチャーの加賀美希昇が捕って素早く3塁へ送球しますが、なんと3塁には誰も入っていません。3塁にカバーが入っていればアウトのタイミングだったと思いますけど、おそらくサインを見落としていたか?勘違いをしたかで3塁へ送球してしまったのでしょう。こんなプレーをどこかで見たと思ったら、中日の河原純一が同じようなプレーをしていましたねwあのときも河原がサインミスを犯していたようです。

今シーズン限りで引退をする東京ヤクルトの藤本敦士のヒロインと胴上げの映像!

阪神、そして東京ヤクルトで13年間プロ生活を過ごした藤本敦士がこの日の試合で現役最後の打席を迎え、そしてヒーローインタビューに答え、最後はチームメイトから胴上げをされました。現役最後の打席は空振り三振に倒れてしましましたが、本当にお疲れ様でした。個人的には35歳という年齢はまだまだやれそうな気はしますけど、彼の意思を尊重したいと思います。藤本というとアテネオリンピックで9番セカンドで出場していたときが非常に印象的でした。

東京ヤクルトのバレンティンが審判への暴言で退場処分に!

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
この日の東京ヤクルトのバレンティンは1回裏の第1打席からすでに苛立っていたようで、それが7回裏の打席で爆発してしまいます。バレンティンは巨人の高木京介のインコースへのストレートを見逃し、それが三振をとられ帰り際に侮辱ともとれる発言を球審に対してしたようです。その瞬間に退場を宣告されてしまいます。これが来日初の退場処分らしいので、普段はほとんど怒らないということでしょうか?

北海道日本ハムの稲田直人がチームメイトの坪井智哉にシメられるwww

雨で試合が中断してリう間に北海道日本ハムのベンチでは非常に面白い光景があったようですwムードメーカーの稲田直人がどうやら誰かのバッティングフォームの真似をしているようですが、誰でしょうか?その後、後ろから苦笑いで坪井智哉が近づいてきて、ベンチの裏に連行されたことから、どうやら坪井のモノマネをしていたようですw稲田みたいな選手がいると、ベンチは盛り上がりますよね!


埼玉西武の石井一久が引退を発表!その会見の映像をご覧ください!

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
気が付けば石井一久も40歳ですからね。かつてはノーヒットノーランの達成した大投手であり、メジャーリーグではドジャースで二桁勝利を記録するなど、荒れ球が特徴でダイナミックなフォームから繰り出されるストレートとスライダーはとても印象的でした。会見では今後のことも語っており、吉本興業へスポーツ推薦での就職も考えているようです。ってか、吉本興業ってスポーツ推薦あったんですね!?本当に22年間お疲れ様でした!



埼玉西武の中島裕之がわずか数分間の間に2回も盗塁死となる珍プレーwww

埼玉西武の中島裕之が1塁ランナーでピッチャーの北海道日本ハムの武田勝が牽制で中島を誘い出します。しかし、セカンドの田中賢介の悪送球で中島は盗塁死が記録されるようなのです。そして、その後に再び盗塁を試みますけど、また牽制球にひっかかり、今度はちゃんと北海道日本ハムの内野陣が中島をアウトにし、これで中島には1イニングで2つの盗塁死が記録されるという珍記録になりましたw

中日の高木守道監督が投手交代をしようとした瞬間、今中慎二コーチに止められるwww

この日は中日は雄大が先発でした。しかし、イマイチのできだったので高木守道監督もそろそろ変えるか...。ということでベンチを出て投手交代をしようとしたとき、隣にいた今中慎二ピッチングコーチに止められていますwこれはTBSで実況をしていた世界の松下こと松下アナウンサーも気付いたようで、驚いていました。高木監督というと、去年のシーズンは権藤博ピッチングコーチとの不仲説も囁かれていましたけど、今年もコーチと意見が合わないことが結構あるのでしょうか?

巨人の阿部慎之助の打球がおかしなことになってる件www

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
巨人の阿部慎之助は横浜DeNAの篠原貴行からセンターバックスクリーンへのホームランを放ちます。しかし、この打球がスロー映像で見ると、ちょっとおかしなことに気が付きます。というのも、常識では考えられないような曲がり方をしているのです。そう見えているだけなのか?変な回転がついて曲がってしまったのか?真相はよく分かりませんけど、ある意味不思議な映像でしたwww

実況「え...?これ(どう見てもボールなんですが)ストライクですか?」 

  • カテゴリ:誤審
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
大阪ドームでの巨人対広島の試合で、巨人は抑えのクルーンを投入します。しかし、クルーンが赤松に投じたボールはやや低く見えますが、これがストライクの判定となり、赤松真人は「え?」という仕草をします。そして、嶋重の打席では高さだけではなくて、コースも外れているような気もしますが、これもストライクの判定となります。これには嶋重宣も納得いかない様子で、ブラウン監督もベンチから飛び出してきます。さらには実況も完全にボールだと思ったらしく、ストライクに気付いてとても驚いていたようです。

韓国の女子新体操選手の始球式が凄い!

韓国のプロ野球では女子新体操選手のシン・スジさんの始球式が行われました。彼女は新体操選手ならではなのでしょうか?独特のフォームで見事キャッチャーまでノーバウンドで始球式を行いました!彼女のフォームはまず真似できないでしょうねwそれにしても滅多に見られないような凄い始球式でしたね!実況の方もかなり驚いている雰囲気でした。

レッドソックスの上原浩治が1イニングを完璧に抑えて21セーブ目を挙げる!

先日、自らのピッチングで地区優勝を決めたレッドソックスの上原浩治はブルージェイズ戦で3点リードの9回に登板します。上原は三振を1つ奪い、残りはフライとゴロアウトと非常に危なげのないピッチングで3人で片付けて21セーブ目を挙げます。ただ、たまにコンロールが甘くなるのが若干気がかりですね。プレーオフまでには是非修正してもらいたいと思います!

【悲報】ブルージェイズの川崎宗則がヘルメットを地面に投げつけて、メジャーで初の退場処分を受ける!

  • カテゴリ:誤審
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
ブルージェイズの川崎宗則はピッチャー返しの鋭い打球を放ち、これをピッチャーが弾いてバックアップに入ったレッドソックスのセカンドは逆をつかれてしまいます。その間に川崎は1塁を駆け抜けますが、結果はアウトとなります。その瞬間に川崎はヘルメットを地面に叩きつけて即退場宣告を受けてしまいます。スローで見ると結構際どいですが、一応セーフかな?って感じです。これにはブルージェイズの監督も抗議をしていましたけど、川崎が退場を食らうなんて驚きです。日本ではありましたっけ?

横浜DeNA戦のニコ生で加藤暁アナが実況中にハマスタ内の食堂に苦言を呈するwww

毎度横浜DeNA戦のニコニコ生中継の実況を担当してはユーザーを楽しませてくれる加藤暁アナですが、この日は横浜スタジアム内にある関係者しか使用できない食堂の話となりました。そして、そこで加藤アナは「目玉チャーハン」というメニューを注文したみたいなのですが、チャーハンに目玉焼きが乗るとそれだけで200円も上乗せされてしまうということに最近気がついたらしく、それが高すぎるんじゃないか!?と苦言を呈されていましたwww



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。