千葉ロッテ荻野貴司の盗塁がとんでもない結末を生む!


スポンサーサイト

東京ヤクルトの畠山和洋がサヨナラ満塁ホームランを打つ!

東京ヤクルト対千葉ロッテの交流戦は5-2と千葉ロッテがリードして最終回を迎えます。ここで千葉ロッテは松永昂大をマウンドに送りますが、この松永がノーアウト満塁という大ピンチを作り、迎えるバッターは畠山和洋!ここで畠山はカウント0-2からのボールを思いっきり振り抜き、打球はレフトスタンドへ一直線!見事東京ヤクルトがサヨナラ勝ちを収めた試合でした。

クライマックスシリーズ第1戦は千葉ロッテが先勝!

千葉ロッテは井口資仁の専制ホームランで先制し、その後も効果的な追加点を上げていって、西武に快勝!見事初戦を制してクライマックスシリーズセカンドステージ出場へ王手をかけました!

アメリカの草野球でのランナーのホームインの仕方がヤバイwww

アメリカで行われていた野球の試合で、ランナー2塁の場面でバッターがヒットを打ち、ランナーはホームに還ってきます。そのときに、走塁線上にちょうどキャッチャーが立っていたため、これを避けてホームインしないといけない!と考えたランナーがなんともアクロバティックなホームインの仕方をして、私も思わず声を上げて大笑いしてしまいましたwww

レッドソックスの上原浩治が最終回を3人で締めて、リーグ優勝決定戦へ進出決定!

8回途中から登板したレッドソックスの上原浩治は三振に仕留めて8回を終えて、そして3-1とリードした9回最終回のマウンドに上がります。上原にしては珍しくレイズのロンゴリアの頭部付近へのボールも見られましたが、最後はそのロンゴリアを空振り三振に仕留めてゲームセット!3勝1敗でレッドソックスがリーグ優勝決定戦へ進出決定となりました!次も頑張ってくれ!上原!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。