中日時代のトニ・ブランコが初回守備についた瞬間に1塁塁審にキレる!

  • カテゴリ:乱闘
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件

スポンサーサイト

埼玉西武のボカチカ、デットボールの後にゲッツー崩しの怒りのスライディング!

  • カテゴリ:乱闘
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
埼玉西武のボカチカは北海道日本ハムの武田久からデットボールを受け、埼玉西武の大久保コーチなどが怒りを表すなど、一触即発間近といった場面となりますが、なんとか沈静化して試合は再開されます。その後、4番の江藤智はサードゴロに倒れますが、サードからセカンドへ送球される際に1塁ランナーのボカチカのゲッツーム崩しのスライディングによって、セカンド田中賢介の送球エラーを誘って、その間にランナーがホームインして、埼玉西武が勝ち越します!

東北楽天のベンチでカツノリと岩隈久志の喧嘩発生!?

  • カテゴリ:乱闘
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
千葉マリンスタジアムのでしょうか?ベンチの中で東北楽天のカツノリと岩隈久志が何やら小競り合いというか、言い合っているシーンが映し出されました。カツノリはこのときはもうコーチだったかもしれませんけど、何を話していたのか?は不明です。岩隈は非常に温厚な人のイメージですから、あまり熱くなるシーンというのは見られませんでした。そういう意味では、非常に珍しい光景でした。

福岡ソフトバンク時代の多村仁志がデットボール受けてキレて乱闘寸前の事態に!

  • カテゴリ:乱闘
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
福岡ソフトバンクの多村仁志は横浜の真田裕貴から右肩の付近にデットボールを受けます。ちょうど直前に小久保裕紀もデットボールを当てられていただけにこれには多村も流石に怒りをあらわにして、両軍ベンチから選手が飛び出してきます。結果的に乱闘には至りませんでしたけど、これで両チームに対して警告試合が発せられ、ピリピリしたムードの中試合は再開されました。

とんでもない原因で両チームの選手がベンチから飛び出し乱闘にwww

  • カテゴリ:乱闘
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
アメリカの試合みたいです。ランナーを3塁に背負ったピッチャーはワイルドピッチで、キャッチャーがボールを後ろに逸らしてしまい、ピッチャーがホームベースにカバーに行きます。ここまでは普通のプレーだったのですが、この後とんでもない光景が画面上に現れて、私は思わず声を上げて大笑いしてしまいましたwwwピッチャーも前方や左右の確認はちゃんとした方が良いということでしょう。というか、どうしてあの角度からベースカバーに入ったのでしょうか?

マートンの相川亮二に対するタックルについて、解説の江本猛紀氏「みんなでマートンをボコボコにしたらいい」

  • カテゴリ:乱闘
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
非常に物議を呼んだマートンと相川亮二のプレーについて、解説の江本猛紀氏はタイトルのようにラジオでおっしゃっていました。インターネットではマートンの行為は問題ないという意見が結構多く見受けられます。逆に悪いのは相川亮二の方だという意見が結構多かった印象です。私はこのルールに関しては詳しくはありませんけど、ブロックもタックルも危険な行為であることには変わりないので、なんとかルールを見直してほしい気がします。


阪神のマートンの捨て身のタックルに東京ヤクルトのキャッチャー相川亮二が完全にぶち切れた!

  • カテゴリ:乱闘
  • コメント:1件
  • トラックバック:0件
ランナー2塁から阪神の福留孝介はセンター前にヒットを放ち、2塁ランナーのマートンがホームを突きます。しかし、センターの上田剛史からナイス返球でタイミングは楽々アウトに見えました。ここでランナーのマートンはキャッチャーの相川亮二に向かって正面からタックルをします。それを受けた相川はマートンに向かって手を出して怒りをぶつけます!マートンとヤクルトキャッチャーとは以前も同様の問題が起きましたから、今回のプレーで相川も相当怒っているようです。このプレーでマートンと相川は暴力行為で退場となってしまった模様です。キャッチャーのブロック、ランナーのタックルの一応ルール上は認められているプレーだけに、何ともいえない難しさがあると思います。


メジャーの試合で、ホームランを打ってホームインした瞬間に乱闘発生という珍事態www

  • カテゴリ:乱闘
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
マーリンズ対ブレーブスの試合で、マーリンズのフェルナンデスが左中間へホームランを放ちベースを一周します。しかし、ホームインした瞬間にブレーブスのキャッチャーのマキャンと何か口論になっている模様で、ベンチから一瞬にして選手が飛び出してきて乱闘騒ぎとなってしまいます。一体、何が原因なのか?動画だけではよく分かりませんが、キャッチャーのマキャンがフェルナンデスに何かふっかけたのかもしれません。

横浜の石井琢朗が2000本安打を達成した後、実は試合中にとんでもない事件が起きていた!?

  • カテゴリ:乱闘
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
横浜対東北楽天の交流戦で、1回の裏愛敬尚史から石井琢朗がセンター前ヒットを放ち、2000本安打を達成します!しかし、その後の試合中に中継ぎで登板した谷中真二が村田修一の肩付近にデットボールを当ててしまい、審判に危険球退場を宣告されます。それには野村監督も納得いかないようで、かなり激しい抗議をしますが、判定は覆りません。ベンチへと帰る谷中はかなり不満そうな顔で、最終的にはグラウンドに向かってグローブを投げつけて怒りを爆発させていました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。